ストラッシュはアトピー肌でも脱毛できる!SHR脱毛がおすすめの理由

アトピー肌でも脱毛できるの?

脱毛したいけど…だから心配…

SHR脱毛のストラッシュなら、敏感肌やアトピー肌のひとも脱毛できます!

ですが、気をつけなければならない点もいくつかあるので注意が必要。

今回は、アトピー肌のひとにSHR脱毛がおすすめの理由や注意点などについて紹介します。肌が弱いからと脱毛をあきらめていたひとも、参考にしてみてくださいね。

ストラッシュはSHR脱毛!アトピー肌でも脱毛できる

症状の程度によりますが、従来の光脱毛でもアトピー肌の脱毛はできます。

ただし、黒いメラニン色素に反応する仕組みのため、アトピーの跡や色素沈着があると、やけどなどのリスクが高くなります。そのため、断られることがほとんど。

ストラッシュは肌に負担の少ないSHR脱毛を導入しています。
SHR脱毛器

メラニンに反応しないため、従来の脱毛で断られたことのあるアトピーのひとでも脱毛可能。敏感肌や色素沈着のあるひと、日焼け肌のひとも安心です。

 

さらにストラッシュでは、美容治療「エレクトロポレーション」とSHR脱毛が同時に受けられる「エレクトロポレーション脱毛」を業界で初めて実現しました。脱毛効果だけではなく美肌効果にも期待ができます。

毛周期に合わせて通う必要がないため、短期間での完了を目指せることもうれしいですね。万が一、肌トラブルになったときは複数のクリニックと提携しているドクターサポートもあるので安心。

ただし、ストラッシュでもアトピー症状がひどい場合は施術ができないこともあります。

  • かきすぎてしまい出血しているとき
  • かさぶたができているとき
  • 乾燥がひどすぎるとき

これらの症状あるときは、肌が落ちつくまで脱毛はできません。一部分だけが気になるならば、症状のある部分を避けて脱毛してもらえることもあります。

従来の脱毛法とSHR脱毛の違いとは

SHR脱毛の仕組みと従来の脱毛方法との違いを比較してみましょう。

従来の脱毛はメラニンに反応した熱で毛根に働きかける方法。最新のSHR脱毛はメラニンに反応させるのではなく、バルジ領域と呼ばれる発毛組織に働きかける最新の脱毛方法です。

バルジ領域は浅い場所にあるため低温で照射できます。そのため、従来のものよりも肌への負担が少ないのが特徴。

メラニンにほとんど反応しないので、肌の色によってやけどなどの脱毛リスクが高くなることもありません。アトピーの跡や色素沈着、傷やニキビの跡などにも照射することができます。

脱毛方法 サロン名 脱毛の仕組み 照射温度 痛み
SHR脱毛 ストラッシュ 低温で毛包に働きかけバルジ領域にダメージを与える 50~60℃ 痛みはほとんどない、温かみを感じる程度
IPL脱毛 キレイモ
銀座カラー
メラニンに反応して発生した熱が毛根へ届きダメージを与える 70~80℃ 濃い毛は痛みを感じることもある
S.S.C.脱毛 ミュゼ
脱毛ラボ
メラニンに反応した熱と抑毛ジェルの相乗効果で毛根に働きかける 70~80℃ 濃い毛は痛みを感じることもある

照射温度に注目してみましょう。

どの脱毛方法も脱毛機の冷却機能やジェルにより、肌への負担を軽減します。

ですが、SHR脱毛は照射温度が最も低いので、肌が弱いひとも安心です。
マイバッハ

ストラッシュでは、脱毛の照射と同時に、保湿や美肌効果も期待ができるイオン導入ができる機器を使用していました。ですが、2019年秋に、イオン導入よりも20倍の効果があるとされるエレクトロポレーションを導入!
エレクトロポレーション

エレクトロポレーションは、イオン導入よりも低刺激なのでアトピー肌にやさしいのが特徴。美容効果がさらにアップしたのはもちろん、より安全に脱毛することができます。

ストラッシュのカウンセリングではテスト照射ができる

テスト照射
ストラッシュでは、カウンセリング時に、テスト照射ができます。自分の肌にあうかどうか、コースを申し込む前に試しておくと安心ですね。希望する場合は、カウンセリング予約のときにその旨を伝えておくとスムーズです。
また、症状が落ちついていても、スタッフにアトピーであることを必ず伝えましょう。赤みやかゆみ、乾燥しているかなどを確認して、脱毛できるかを判断してくれます。
治療中の方や症状によっては担当医への確認が必要になることも。万が一、通えなくなった場合の返金についても説明があります。
テスト照射では痛みや熱さの感じ方、赤みの出方などのチェックを行います。照射時に塗るジェルが肌に合わなかったり、しみたりしないかも確認します。
ストラッシュは無理な勧誘がありません。とりあえず相談だけでもしてみたいというひとも安心です。

アトピー肌のひとの脱毛時の注意点とは

肌の弱いひとは、脱毛時に特に気をつけなければならないことがいくつかあります。

安全にツルすべの肌を手に入れるために、チェックしておきましょう。

ステロイド剤は要注意!

ステロイド剤
基本的に、施術前後は薬や予防接種などを禁止しているサロンがほとんど。特にアトピーのひとは、治療に使われることの多いステロイド剤には注意が必要です。
ステロイド剤は副作用が強く、そのひとつとして免疫力を低下させる作用があります。施術後の肌に菌が入ると、毛嚢炎や感染症などのリスクが高くなります。
光を吸収しやすくするという特性もあるので、施術の際の光によって色素沈着やシミなどができてしまうことにもなりかねません。
そのため、ステロイド剤を使用している場合は、施術を断られることがあります。ステロイドを使っていたことがあるひとは、使わなくなってから期間が経過していれば脱毛できることも。まずは、カウンセリングで相談してみましょう。

施術後の冷却や保湿は念入りに

術後の冷却や保湿
アトピー肌のひとは、照射後に肌を冷却し、しっかり保湿して肌を整えることが大切です。アトピー肌ではないひとも脱毛によって赤みが出ることはありますが、すぐに消えることが多いでしょう。しかし、アトピーや敏感肌のひとは、施術時や照射後に赤みやかゆみが出やすいといわれています。
施術時に赤みが出ると脱毛機の設定を弱めなければなりません。その分、脱毛効果も弱くなります。かゆみはアレルギー反応を起こしている可能性もあるので注意が必要です。
アトピー肌に悩むひとは低温で照射しても効果的な脱毛ができるSHR脱毛がおすすめ。冷却や保湿などのセルフケアを念入りに行い、なるべくリスクの少ない脱毛ができるようにしましょう。

ストラッシュはアトピー肌の脱毛におすすめ

自己処理で赤みや、かゆみが出てしまったというひとも多いはず。カミソリで毛を剃ることは、肌の角質まで削り取ることになります。目に見えていなくても肌への負担は大きく、乾燥しやすくなり、肌のバリア機能も低下してしまいます。

特に、アトピーのひとは肌の乾燥に注意が必要。自己処理は症状を悪化させてしまうことも考えられます。自分で処理をずっと続けるよりも、脱毛のほうが肌への負担が少ないでしょう。脱毛でムダ毛がなくなり自己処理が不要になると、アトピーの症状が出にくくなるひともいます

ストラッシュで採用されているSHR脱毛は、従来の脱毛よりも低温で照射でき、肌への負担が少ない最新の脱毛方法です。さらに今話題の美容法「エレクトロポレーション」が同時に受けられるのも魅力。

テスト照射もできるので、まずはカウンセリングをうけてみてはいかがですか。